ASC Flag 青森セーリングクラブ Access / アクセス
ホーム クラブ紹介イベント・行事気象データ掲示板 [会員専用]会員リスト [会員専用]
JSAF外洋津軽海峡青森県マリン無線協会青函カップヨットレースリンク
English
青函カップヨットレース
2018レース情報  2017レース情報  2016レース情報   問い合わせ先

北日本最大の外洋ヨットレース
北日本最大の外洋ヨットレース
北日本最大の外洋ヨットレース


 青函カップヨットレースは、青函トンネル開通を記念して開催された青函博覧会交流イベント
 として創設されました。


歴史 1987年 プレ大会
1988年7月 第1回青函カップヨットレース実施(函館スタート青森フィニッシュ)
1998年7月 第11回みちのく銀行青函カップヨットレースとして実施(現在に至る)

 開催以来、奇数年青森、偶数年函館をスタートラインとして、毎年7月20日「海の記念日」前後の
 週末に開催されています。
 参加艇は北海道・青森・岩手・秋田・宮城、さらに近年は極東ロシアからも集まる、北日本最大の
 外洋ヨットレースです。
             
 ちなみに「海の記念日」は、明治天皇が明治9年東北ご巡幸の帰途、灯台視察船 明治丸で、
 青森から函館を経て横浜にご安着された日に由来します。






 2018年レース情報


 2018/5/8
  <第31回みちのく銀行青函カップヨットレース>レース公示

   青函カップヨットレースは、津軽海峡の速い潮流と戦い、津軽半島と下北半島に挟まれた
   平舘海峡の風のドラマに翻弄され、青函約56マイルを競う北日本最大の外洋ヨットレース
   であります。
   青森、函館両地域はもちろん、北海道は小樽、室蘭から、東北は宮城、そしてロシア極東
   地域からも参加する国際ヨットレースであります。
   今年は青森港スタート、函館港フィニッシュで以下のとおり開催されます。
   皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

   ■日 程: 2018年7月13日(金)
             16:45 出艇申告書締切 (青森市:メモリアルシップ八甲田丸)
             17:00 艇長会議(全艇)  (同所)
           2018年7月14日(土)
             09:55 青森港スタート予告信号
           2018年7月15日(日)
             11:00 函館港フィニッシュ(タイムリミット)
             15:00 表彰式及びレセプション(函館市 五島軒本店)
   ■クラス: IRCクラス及びOPENクラス
   ■申し込み期限: 2018年6月30日(土)

   ■レース公示: 第31回みちのく銀行青函カップヨットレース レース公示
   ■申し込み書類: 
       @参加申込書                         (Word版) (PDF版)    
       A入出港予定用紙(係留に関する同意書)       (Word版) (PDF版)
       B外洋特別規定2018-2019モノハル・カテゴリー4申告書     (PDF版)
       C出艇申告書                        (Word版) (PDF版)

    【参考】 a. 外洋特別規定2018-2019モノハル・カテゴリー4
            ※必ず熟読され、自艇の装備及び安全性を確認されるようお願いします。
          b. 青森港・函館港参加艇泊地図(クルーザースタートフィニッシュ図)




 2017年レース情報


 2017/7/23
  <第30回みちのく銀行青函カップヨットレース>レース結果公示

    第30回みちのく銀行青函カップヨットレースは、ロシアから初参加を含む6艇、国内艇は
   宮城、小樽、室蘭、函館、青森から21艇、計27艇の参加となった。 7月15日(土)午前
   10時、エンジントラブルで1艇がスタート前にリタイアしたため26艇が一斉にスタートし、
   フィニッシュ地点の青森港まで56海里(約100km)のヨットレースの火蓋が切って落とされた。
    スタートは西寄り15ノット前後の良風に恵まれ、激しいポジション争いに続く先頭グループの
   ジャストスタートはヨットレースの醍醐味であり素晴らしいスタート光景であった。 風は
   一時的に25ノットくらいまで上がるものの20ノット前後で安定し、津軽海峡の波も1m前後と
   穏やかで、先頭グループは一気に41°20'ラインの福浦漁港付近まで船足を伸ばした。
    しかし平舘海峡の風のドラマは今年も出演者を待っていた。 西寄りの風は津軽半島に遮ら
   れ、陸奥湾に入ってからはブランケットあり、巻き風あり、強弱の吹き出しありと各艇は翻弄
   され続けた。 スピンランからジブセールに、ゼノアからレギュラーに、そしてまたスピンランへと
   セールチェンジを何度となく繰り返す神経戦となった。
    トップでフィニッシュしたのはIRCクラスのESPOIR(宮城)で15日22時8分58秒、スタートか
   ら12時間8分58秒でフィニッシュしファーストホーム賞を獲得した。 2着はIRCクラスの
   SOUTH WIND(函館)、3着はOPENクラスのKOMANDOR BERING(ロシア)であった。
   最終艇のフィニッシュはBLACKCAT(青森)で16日08時32分14秒、スタートから22時間
   32分14秒、最後まであきらめることなく健闘し全艇事故無く終了した。
    IRCクラス優勝は初参加のロシナンテ(宮城)、2位はESPOIR(宮城)、3位はSOUTH
   WIND(函館)が獲得した。 OPENクラス優勝はALASKA(ロシア)が獲得、3位までロシア
   艇が独占した。
    表彰式は16日午後3時から青森国際ホテルで行われ、若井実行委員長挨拶、来賓祝辞に
   続いてロシア艇SIBIR艇長から30回大会を記念し、メインスポンサーのみちのく銀行と青函
   カップヨットレース実行委員会に対し、レース海域の3Dウッドマップが贈られた。 ロシア艇の
   心意気に感謝するとともに、来年の第31回大会での再会を誓い合った。
    最後に今大会開催に当たり、御協賛各社、御協力、御支援を頂いた各フリート、関係団体、
   関係者の皆様方に改めて御礼を申し上げます。
    第31回大会は青森港スタート、函館港フィニッシュで開催される予定です。
    皆様、また来年お会いしましょう。

   ■レース結果(PDF)ダウンロードはこちら





 2016年レース情報

 2016/7/27
 <第29回みちのく銀行青函カップヨットレース> レース結果公示

    第29回みちのく銀行青函カップヨットレースは、ロシアから初参加を含む6艇、宮城3艇、
   小樽・室蘭各1艇を含む23艇が参加、7月16日午前10時青森港を一斉にスタートし、フィ
   ニッシュ地点の函館港まで56海里(約100km)のレースの火蓋が切って落とされた。
    今レースの天気予報は微風で長丁場のレース展開が予想されたが、スタートから風に
   恵まれ、昼近くまで23ノットまで吹き上がり一気に平舘付近まで進んだが、午後からは
   風が落ち先行の半数余りの艇が視界に入る展開となった。
    風が南に振れ各艇スピンランとなって走り出したが、津軽半島を越えて再び風が落ち、
   コース後半はわずかな風を捕えて帆走させる腕の競い合いになった。フィニッシュ地点前も
   また微風で各艇必死の攻防が見られた。
    SOUTH WINDがトップかと思われたが、70m手前でKOMANDOR BERINGが逆転しファー
   ストホームを獲得した。17日0時22分37秒フィニッシュで、14時間22分37秒であった。
   SOUTH WINDは56海里を帆走して僅か7秒で2着となった。
    続いて14時間25分台に4艇、29分から34分の間に4艇がフィニッシュし、フィニッシュ本
   部のタイム確認作業は大忙しのレースとなった。最終艇は17日午前6時19分30秒で、
   スタートから20時間余り、最後まであきらめることなく完走し、全艇事故もなくレースは終了
   した。
    表彰式は函館国際ホテルで行われた。
    ファーストホーム賞はKOMANDOR BERING(ロシア)が獲得、IRCクラス優勝は速鳥(函館)、
   2位はSPERANZA(青森)、3位はけんよし(青森)が獲得した。OPENクラス優勝はNADEZHDA
   (ロシア)がその栄誉に輝いた。ロシア勢が3位までを独占した。
    表彰式の続いて行われたレセプションではバンド演奏や、スタート時のビデオ上映などなど
   大いに盛り上がり、ロシア艇も含め来年の第30回記念大会(青森フィニッシュ)での再会を
   誓い合った。
    最後に今大会開催に当たり、御協賛各社、御協力、御支援を頂いた各フリート、関係団体、
   関係者の皆様に改めて御礼を申し上げます。
    第30回記念大会は函館スタート、青森フィニッシュで開催される予定です。
    皆様、また来年お会いしましょう。

   ■レース結果(PDF)ダウンロードはこちら



レースについての問い合わせ先

青函カップヨットレース実行委員会事務局 | seikan@aomoriyacht.com



このページの先頭へ


Copyright 2004 Aomori Sailing Club. All rights reserved.